2007年12月11日

歯の健康法・虫歯予防

歯ブラシの選び方(その1)

日本では歯ブラシに日常生活用品として、お口の中に入れて使う上での安全性や機能面での基準が設けられていて、家庭用品品質表示法・日本工業規格(JIS)・国際標準化機構(ISO)などがあります。
人それぞれお口の中の状態が違いますし、年齢によっても歯の大きさが異なりますので、ご自分のお口の状態に合わせて歯ブラシを選んでいただけば、歯ブラシ自体に“ひどい歯ブラシ”はないと思います。その中でも、磨きやすい歯ブラシ選びの基準にして頂きたい点は、
・お口の中で小回りが効きやすく、奥歯の奥まできっちり毛先がとどく物。
・歯ブラシの柄の握りやすい物。
・歯垢を除去しやすい物。
・硬すぎず、お口の組織をキズ付けない物。
と言っても、なかなかわかりづらいかと思いますが、

・幅の目安としては上の前歯の1.5〜2本程、もしくは下の前歯2〜3本程度の大きさ。
大きすぎると細かく動かせないので奥歯に磨き残しが出てしまいます。
歯ブラシが少し大きすぎる場合は眉毛のお手入れ用などのハサミで切って使用するのも効果的です。

♪♪♪♪♪♪ おすすめPR ♪♪♪♪♪♪

個人的ですが、
参考になりますので見てくださいネ!

東京23区歯科医院専門検索サイト

[コメント]:虫歯やその他、調べるのに便利です!



♪♪♪♪♪♪ おすすめPR ♪♪♪♪♪♪
posted by 歯の健康法・虫歯予防 at 21:22| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。