2007年12月12日

歯の健康法・虫歯予防

歯ブラシの選び方(その2)

・植毛状態は2〜3列程度で、毛束間に隙間のあるナイロン毛の物。
毛の植毛状態が密集している、または動物の毛を使用した物ですと乾燥しづらく不衛生になりやすくなります。

・歯ブラシの柄はまっすぐな物を選びましょう。角度のついているものは磨く歯の位置によっては歯や頬にあたって磨きづらい場合があります。

・毛先は丸くカットされている歯肉をキズ付けない形の毛先を選びましょう。
また、目的に合わせて歯ブラシを選ばれてはいかがでしょう?
*歯と歯の間をしっかり磨きたい→山切りカット
*歯と歯茎の境目をしっかり磨きたい→先細毛
*奥歯を重点的にしっかり磨きたい→カーブネック
*歯茎がはれているのでマッサージしたい→軟らかめの歯ブラシ

・歯ブラシの毛の硬さは人によって好き嫌いやブラッシング方法により異なってきますが、基本は普通〜軟らかめがオススメです。

♪♪♪♪♪♪ おすすめPR ♪♪♪♪♪♪

個人的ですが、
参考になりますので見てくださいネ!

東京23区歯科医院専門検索サイト

[コメント]:虫歯やその他、調べるのに便利です!



posted by 歯の健康法・虫歯予防 at 21:22| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。